水切りカゴを珪藻土キッチンマットに変えたら快適過ぎた!

食器を洗浄した後に水切りカゴを使用しているけれど、水アカや赤カビでヌルヌル…
せっかく洗ったのに気持ち悪い!

そんな悩みを抱えている方は意外と多いのではないでしょうか?

実は簡単に解消することができるのです!話題の「珪藻土」で解決しましょう!

 

そもそも珪藻土とは?

珪藻(藻類の一種)の殻の化石からつくられたもので、最近ではバスマットやコースターなどにも使用されています。
私も珪藻土が注目され始めた時は、「何からできてるの?」「食品と接触させて大丈夫なの?」と怪しげな印象を持っていましたが、自然由来で利便性が高いため現在では様々なキッチン用品が販売されています。

100円均一には調味料に入れることで湿気を防ぎ固まりづらくする商品も数多く販売されていますよね。

調湿性能に優れている点が珪藻土の最大の魅力なのです。

水切りカゴから珪藻土キッチンマットへ変更してみた

水場の近くは水アカ・赤カビに悩まされます。
せっかく洗った食器も、ヌルヌルした水切りカゴに置いては洗った意味がありません。

しかし毎回水切りカゴまで洗うのはな…と躊躇していた私の前に
珪藻土キッチンマットなるものが現れました!

 

大きさは大小様々あるので、キッチンの幅によって珪藻土の大きさを変えられるのも良いですね。

珪藻土キッチンマットのメリット・デメリット

珪藻土キッチンマットを実際に使用してみて感じたメリット・デメリットを上げます。

メリット

  • 調湿に優れているので濡れた食器を置いても水が溜まらない
  • 網などの複雑な構造がないのでお手入れしやすい
  • 水アカや赤カビが生えない・生えにくい
  • 食器の乾燥が速い

デメリット

  • マット形状なのでカゴほどたくさんの食器を置くことはできない
  • 珪藻土といえどたまにお手入れが必要
いの
いの

全くお手入れをしなくても良いわけではないですが、

水切りカゴと比較して格段に楽になりました。

 

珪藻土キッチンマットのお手入れ

調湿性に優れているとはいえ、お手入れは必要です。
お手入れをすることにより珪藻土を長く使用できるようになります。

具体的には「日陰に干す」「汚れたら水で洗う」というお手入れになります。

珪藻土は日に当てて干してしまうと割れてしまう場合がありますので必ず日陰に干しましょう。
定期的に干す事でカビの発生を抑えることができます。

また汚れた場合は必ず水洗いで!洗剤を使用すると洗剤が珪藻土の目に詰まってカビの発生を促す原因となります。

2つのお手入れを守ることで清潔で便利に使用することができますよ!

まとめ

珪藻土を上手に利用することでめんどくさい水アカや赤カビを抑えることができます。

お手入れも簡単ですし清潔に保てるのは魅力的ですね。

水アカや赤カビ・水切りカゴのヌルヌルに悩まされている皆さんの参考にしていただければ
嬉しいです!

 

 

アンケートモニター登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました