賃貸ですのこベッドを使用するメリット・デメリット

癒しの空間となる寝室は快適に過ごせるよう工夫したいものですよね!

私も寝ることが大好きなので賃貸に住み始める時にはベッドについて詳しく調べました。
でも賃貸は今後引っ越しをする可能性が高く、本格的なベッドフレームを購入してしまうと
引っ越し時に高額な費用負担になる場合があります。

いの
いの

そこで注目したのが「すのこ」です!

特に賃貸の方には折り畳み式がおすすめ!

今回はベッドフレームの代わりに「すのこ」を使用するメリットをあげたいと思います。

すのこベッドとは

すのこは木材を一定間隔で打ち付けたものであり、水気を吸い取り発散させる効果が
あるため通気性・吸湿性に優れています。

人間は寝ている間にもコップ1杯程度の汗をかくといわれており、その湿気が布団にこもりやすくカビの原因にもつながります。
特に男性は汗をかきやすいので、賃貸の床をカビさせてしまったら一大事ですよね!

そこですのこベッドの登場です!

すのこを布団やマットレスの下に敷くことにより、適度な通気性を保つことが可能になるので湿気やカビを防ぐことができます!

すのこベッドのメリット

すのこベットのメリットは先ほども記載した通り、通気性・吸湿性に優れている!という点です。そのため

・布団にカビが生えにくい

・床にカビが生えにくい

・折り畳み式のものは干しやすく移動させやすいので掃除が簡単

・折り畳み式は引っ越し時、容易に持ち運べる

上記のメリットがあります。

いの
いの

戸建てを購入したらしっかりとしたベッドフレームを購入して
それまではすのこを利用すれば経済的ですね!

すのこベットのデメリット

これを言っては元も子もないのですが…折り畳み式の場合、見栄えはいまいちになります。

高さのあるベットフレーム型のすのこベットでしたら、通常のベットフレームと同じような見栄えが手に入ります。今後の移住計画に合わせて検討すると良いですね!

また通気性が良いとはいえ、定期的に陰干しが必要です。特に湿気がたまりやすい部屋ではすのこにカビが生えてしまいますので1週間に1回程度、風通しの良い場所で干すように心がけましょう。

いの
いの

私はすのこにプラスして除湿シートを使用しています!

すのこもカビませんし快適です

まとめ

賃貸はあくまで「借りているお部屋」なので床にカビが生えてしまうと大変です。

また賃貸の場合はその後引っ越しを検討する機会も多いので、大きなベッドフレームは邪魔になってしまうことも考えられます。

折り畳み式の「すのこ」は安価で持ち運びもしやすく通気性も良いため、お部屋にもお財布にも優しい商品です!

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました